So-net無料ブログ作成
検索選択

ブルックヘブン慰安婦像 [アジア]

今年 3月、米ジョージア州・アトランタ市にて、一旦は(条例に基づいて)その承認を 撤回・棄却 された ‘慰安婦像’ が、 このたび(現地時間 30日)、入念なロビー活動の練り直しを経て、同州・ブルックヘブン市の公園に ‘代替’ 設置 されることとなった。

翻意を促す声もあった。

“その様な ‘負の遺産’ を将来世代に負わせるべきではない。”(それが ‘事実’ であることが前提だが)
“日本と同州の 「貿易・文化交流」 にとって、むしろ、遺恨を残す元となりかねない。”
(Tom Taylor・州議員,R-Dunwoody地区選出)

しかし、ブルックヘブン市が採択したのは ‘設置’ だった。

“ ‘世界の黒歴史’ に光を当てる為に” (Scott Holcomb・州議員,Brookhaven地区選出)

-好きなだけ、建立してもらおうじゃないか。

・『ルワンダ紛争』(1994)において大量虐殺された ツチ族 の為に (声明内で Taylor氏が引用)。

・『ウクライナ動乱』(2014- ) の犠牲者・被災者 の為に。
・『シリア内戦』(2011- ) において、故郷を追われた諸難民の為に。
・『コソボ紛争』(1996-99) において、米欧軍による(一方的な)空爆の犠牲者の為に。
(いずれも、背後に ‘首謀国’ の関与が仄めかされている。)

そして、他でもない、
・『ベトナム戦争』(1955-75) の犠牲者と “韓国人兵士 に陵辱された 現地人女性” と “その私生児達(ライダイハン)” の為に。
・『朝鮮戦争』(1950-53) の犠牲者と “「(米軍)慰安所」 での就労を強いられた女性達” の為に。

-そうして、これ以後、アメリカ大陸を “懺悔の丘(Honored Land of America)” とでも称して敬うことにしよう。
-世界中の哀悼を其処に集わせよう。



~ ✽ ~ ~ ✽ ~ ~ ✽ ~ ~ ✽ ~ ~ ✽ ~







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0